ポルトガルのマデイラワイン、甘さと古さで注目。

Blandy's Madeira Wine

今日の日経MJにおもしろい記事が載っていました。そのタイトルは、

「調理用だけではもったいない――マデイラワイン甘~い誘惑。」

(日経MJはネットで公開されていないため、リンクがありません。)

東京では、マデイラワインが注目されているようです。

 

マデイラワインは、ポルトガルのワインで、世界三大酒精強化ワインの一つ。アルコール度数は、17~22%もあり、少し飲めばほろ酔い気分になれそうです。

 

一番の特徴は、その甘さ。

記事によると、この甘さに惹かれてバーで飲む女性が多い模様。さらに、甘ったるくはないため、デザートの邪魔にならないのがいい。

 

また、100~200年前のワインを飲めるのも大きな魅力です。

記事によると、1780年物もあり、50万円弱で販売されているようです。

 

東京・北大塚のバー「レアンドロ」は、マデイラワインを出す専門店で、何とマデイラワインの品揃えが世界一というからすごい。ギネスにも認定されているとのこと。

 

私自身、マデイラワインを飲んだことはありません。

楽天市場を見ると、1200円ほどからあるみたいです。

また、記事で紹介されていたマデイラワインは、「ボアル(Boal)」「ブランディーズ」「アデカ」など。

 

甘いワインと言えば、アイスワイン・貴腐ワインが真っ先に思いつきます。

決して嫌いではないのですが、飲む機会がないのも事実。

マデイラワイン置いているバー、神戸にないかなぁ。

カテゴリー: ニュース タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.