ロワール地方(Loire)

Loire Valley winery

約1000kmに及ぶフランス最長のロワール川流域に点在するワイン産地。

比較的緯度が高く、気温が低いため、赤・白ともしっかりした酸味が特徴。

ロワールでは、多様なぶどう品種が作られているので、あらゆるタイプのワインに出会えると言われている。ミュスカデ(辛口白ワイン)やロゼ・ダンジュ(ロゼワイン)が、カジュアルな日常ワインとして日本ではよく知られている。

(4つの地区とAOC)

1)ナント(Nantes):ミュスカデという品種から造られる同名の白ワインが有名。酸味のきいた辛口

  • ミュスカデ(Muscadet)
  • ミュスカデ・ド・セーヴル・エ・メーヌ(Muscadet de Sevre-et-Maine)

2)アンジュ・ソーミュール(Anjour Saumur):ロゼワインが有名。

  • ロゼ・ダンジュ(Rose d’Anjou)
  • アンジュ・ルージュ(Anjou Rouge)
  • コトー・デュ・レイヨン(Coteaux du Layon)
  • ソーミュール・シャンピニー(Saumur Champigny)

3)トゥーレーヌ(Touraine)

  • シノン(Chinon)
  • ヴーヴレイ(Vouvray)
  • ブルグイユ(Bourgueil)

4)中央フランス:主にソーヴィニヨン・ブランを使用した白ワインを造る。

  • サンセール(Sancerre)
  • プイィ・フュメ(Pouilly Fume)
  • プイィ・シュル・ロワール(Pouilly-sur-L0ire)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.