カベルネ・ソーヴィニヨン(Cabernet Sauvignon)

Cabernet Sauvignon

赤ワイン用ぶどう品種の代表格。果皮の厚い黒ぶどうで、種子に強いタンニンを含むため、ワインの色も濃く、味はずっしりとした本格派。しっかりとした渋みと酸があり、熟成が進むにつれてバランスの取れた味わいに変化する。ボルドーでは、カベルネ・フラン、メルローなどとブレンドした赤ワインが多いのに対し、その他の国ではカベルネ・ソーヴィニヨン主体で造ることが多い。

楽天市場でカベルネ・ソーヴィニヨンワインを探す

代表産地

ボルドー(フランス)

イタリア→スーパートスカーナに使われる。

チリ

カリフォルニア

オーストラリア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.