ヴェネト州(Veneto)

ヴェネト州(Veneto)

ヴェネーロ市を中心とするワインの産地で、イタリア屈指のDOCワインの宝庫。

最も有名なのは、ソアヴェで、フルーティーでバランスの取れた辛口白ワイン。

赤ワインでは、コルヴィーナ種から造られるヴァルポリチェッラや、やや軽めのバルドリーノが有名。

ヴァルポリチェッラのなかで、陰干しぶどうから作った辛口のアマローネというワインは、ノーベル賞授賞式で使われたり、アメリカのセレブが樽ごと買い付けたりと、イタリアを代表するワインの一つとなっている。

【著名なワイン】

  1. ソアヴェ(Soave):フルーティーでバランスの取れた白ワイン。辛口のものが増えているが、陰干しぶどうから造られる甘口のレチョートも有名。
  2. ヴァルポリチェッラ(Valpolicella):比較的早いうちに飲まれる赤ワイン。甘口のレチョートのほか、辛口のアマローネは、コクもあり人気が高い。
  3. バルドリーノ(Bardolino):ヴァルポリチェッラと同じぶどうを使うが、湖に近い土地で昼夜の気温の変化が少ないため、より軽めのフローラルな香りとフレッシュな味わいのワインとなる。

楽天市場でヴェネト州のワインを探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.