コート・ド・ローヌ地方(Cotes du Rhone)

Cotes du Rhone

全般的には、太陽の光をたっぷり吸収して育ったぶどうの豊かな香りを持ち、アルコール度も高く、コクがあり力強いワイン。

南北に広がる土地なので、北部と南部でワインの個性は異なる。

【赤ワインのぶどう品種】グルナッシュシラームールヴェドレサンソーなど

※アペラシオン法により、赤・ロゼはグルナッシュ種が使用セパージュ全体の最低40%を占めなければなりません。(ローヌ北部地区産のシラー・ベースのワインを除く)

【白ワインのぶどう品種】ブールブラン、グルナッシュ・ブラン、ルーサンヌ、マルサンヌ、クレレット、ヴィオニエなど

※アペラシオン法により、使用セパージュの80%は、グルナッシュ・ブラン、クレレット、マルサンヌ、ルーサンヌ、ブールブーラン、ヴィオニエ種でなければなりません。

主なAOC

【北部】

  1. エルミタージュ(Hermitage)→ローヌで最も有名
  2. コート・ロティ(Cote Rotie)
  3. コンドリュー(Condrieu)→ヴィオニエの持つ花の香り豊かな白

【南部】

  1. シャトーヌフ・デュ・パプ(Chateauneuf-du-Pape)
  2. タヴェル(Tavel)→ロゼの王様と言われる辛口のロゼ

ローヌ渓谷(Rhone Vally)の公式ウェブサイト

楽天市場でコート・ド・ローヌのワインを探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.