ブルゴーニュ地方(Bourgogne)

Chassagne-Montrachet Santenay

単一品種で作られるワインがほとんど。

赤ワインはピノ・ノワールかボジョレー地区ではガメイ、白ワインはシャルドネが中心。

よって、赤ワインは基本的にタンニンが少なく、ビロードのような滑らかさを持つのが特徴。

白ワインはすべて辛口で煙焦臭を含んだ果実味があり、新鮮でさわやかな切れ味を持っているものが多い。

ただ、ブルーゴーニュの土地が、成分の異なる土壌がパイ皮のように重なりあっているため、同じ品種でも銘柄によって味は異なる。

ブルゴーニュのAOC

ブルゴーニュのぶどう畑(クリュ)は、それぞれ名前が付けられ、それがAOCとしても用いられる。

ラベルに表示される産地名が、地方名・地区名・村名・畑名と狭くなるにつれ、上級なワインとなる。

  1. 特級畑ワイン(Grand Cru)

    畑名で表示。例 Clos de Vouget

  2. 1級畑ワイン(Premier Cru)

    村名と1級畑名が併記。例 Gevrey-Chambertin Clos-St-Jacque, Pommard 1er Cru

  3. 村名ワイン(Les Appellations Communales)

    村名のみ。例 Gevrey Chambertin, Pommard

  4. 地区名ワイン(Les Appellations Regionales Specifique)

    地区名で表示。例 Cote de Beaune Villages

  5. 地方名ワイン(Les Appellations Regionales)

    地方名で表示。例 Bourgogne

楽天市場でブルゴーニュワインを探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.