原産国・原産地

産地が与えるワインへの影響は、以下の通りである。

気温:寒い土地から暖かい土地へ向かうほどぶどうはよく熟し、糖度は増す。逆に、酸味は寒いほうが高く、シャープなものになる。果実香や果実味のニュアンスも、青い柑橘系のものより熱帯系のフルーツへ、赤い果実から青や黒の果実のの風味へと変化し、質感もフレッシュなものから、より熟して次第にジャムを思わせるものへと変わってくる。

昼夜の温度差:大きいことが望ましい。

日射量:多いほうが望ましい。よって、南向きの斜面が良い。

土地の養分・水分:できるだけ少ない方が望ましい。よって、水はけのいい土地が良い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.