フランス南西地方(Sud-ouest)

Gaillac Vineyards

ボルドーの東側からスペインとの国境、ピレネー山脈の麓に至る地域。

この地方で最も濃い赤ワインを造るのはカオール地区で、マルベック(別名コー、オーセロワ)を使用し、そのワインは黒ワインとも呼ばれる。

南西地方のAOC

フランス南西地方

  1. ベルジュラック(Bergerac):ベルジュラック地区。赤ワイン・ロゼワイン。
  2. モンバジャック(Monbazilac):ベルジュラック地区。最高級の甘口白ワインで有名。
  3. カオール(Cahors):カオール地区。マルベックを使った色の濃い赤ワイン。
  4. ガイヤック(Gaillac):ガイヤック地区。赤・ロゼ・白。
  5. マディラン(Madiran):ピレネー地区。赤。
  6. パシュラン・デュ・ヴィク・ビル(Pacherenc du Vic Bilh):ピレネー地区。
  7. ジェランソン(Jurancon):ピレネー地区。
  8. フロントン(Fronton):オート・ガロンヌ地区。ぶどう品種にネグレットを使っていることが特徴。赤ワイン・ロゼワイン。

フランス南西地方(Sud-ouest) への2件のフィードバック

  1. やっさん のコメント:

    マルベックのシノニムは、コーじゃなくコット(Cot)だと思います。間違ってますよ
    Auxerrois(オーセロワ)は合ってます。

    • ryotarotakao のコメント:

      やっさんさん

      ご指摘ありがとうございます。
      「基礎から学ぶ 田辺由美のワインブック2010」で調べたところ、
      「コー」とも言うみたいです。
      フランス語では「CÔt」と書くようです。

      私はワインに関してまだまだ学ぶべきところが多いので、今後とも間違いなどのご指摘があれば、教えて頂ければ幸いです。
      これからもよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.