シャンパーニュ地方(Champagne)

ちゃ

シャンパーニュ地方は、フランスのワイン産地としては、最も北に位置する。

シャンパンは、この地方で造られ、ぶどう品種や製法など厳しい条件を満たしたものだがけが、名乗れるもの。

使用されるぶどう品種は、黒ぶどうのピノ・ノワールとピノ・ムニエ、白ぶどうのシャルドネ3種が主体。

シャンパンが独自の極め細やかな泡立ちになるのは、シャンパン方式(Champen-oise)と呼ばれる製法のため。瓶詰めされてから瓶の中で第二次発酵となり、15ヶ月から数年間(!)じっくりと瓶熟成され、動瓶や口抜きという瓶の口にたまった澱(おり)を取り除く製法で、手間暇かけて造られる。

【シャンパンの種類】

  1. ブラン・ド・ブラン(Blanc de Blanc):白ぶどうのみを使用。口当たりがよく、食前酒向き。
  2. ブラン・ド・ノワール(Blanc de Noir):黒ぶどうのみを使用。コクがある。
  3. ヴィンテージ・シャンパン:ぶどうの作柄が特によかった年の原酒だけで造ったもの。ミレジメ・シャンパンともいい、この場合はラベルにヴィンテージが表示されている。
  4. ノンヴィンテージ・シャンパン:各年の原酒をブレンドしたスタンダードなシャンパン

【シャンパンの味】

  1. エクストラ・ブリュット(extra brut):極辛口
  2. ブリュット(brut):辛口
  3. エクストラ・ドライ(extra dry):やや辛口
  4. セック(sec):中辛口
  5. ドゥミ・セック(demi-sec):中甘口
  6. ドゥー(doux):甘口

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.