最新ワインマガジン・wi-not(ワイノット)、面白いけど少し残念に感じた理由とは?

 

先日、神戸のJR三宮駅ビルにある本屋さんで、見たことのないワイン雑誌を見つけました。

こちらの書店は、入り口に売れ筋商品や店員さんのおすすめの一冊が陳列してあり、アマゾンにはない楽しさがあります。また、会社帰りに寄る人がほとんどで、今どきのサラリーマン(「マン」ですが女性を含めています。ちなみに私はサラリーマンではありません)が、どんな話題に興味を持っているのかを肌で感じることもできます。そう、マーケティングリサーチにはぴったりな本屋さんなんです。(駅近にあるので、売り場面積が小さい割に、よく混んでいるお店です。)

 

ワインにもかなり興味がある(できれば、ワインに絡んだ商売をしたいほど)ので、ワイン雑誌もたまにチェックします。普段見るのが、ワイナートなど。ただ、既存のワイン雑誌は、

ワインに詳しいワイン好き

をターゲットにしているので、正直それほどおもしろいとは思いません。(私自身、読むよりも飲む方が好きなもので)今回も、今月のワイナートをチラ見しようと思い、料理本コーナーに行ったのですが、そこに見たことのないワイン雑誌に遭遇することになります。

 

その雑誌のお名前は、

wi-not(ワイノット)

といい、”Why not?”と掛けています。このネーミングを見て、ワイナートとは違いかなりはじけているイメージを持ちました。ネットで調べてみると、

 

編集部だけの自己満足、難解なワイン表現から脱却します。読者にとって分かりやすく、読めば紹介されているワインが飲みたくなる、本当の意味でワインがわかる表現を目指しています。(PRサイト・Dream Newsより

 

とあり、初印象とぴったり。普段から、

 

ワインを民主化できないものか?

 

と考えている自分としては、先にヤラレタ感があるものの、同じムーブメントを作ってくれる同士ができたことなので、うれしくもあります。

 

実際、ちらっと立ち読みしたところ、

 

料理と各種ワインとの相性度チェック

 

みたいなコーナーがあり、ワイン初心者が持つであろう

 

マリアージュ(ワインと料理との相性)ってそれほど大切なの?何でも合うんじゃないの?

 

という疑問に答えてくれています。いやぁ、すごいです。うれしいです。

 

ただ、少し残念に感じたこともありました。それは、

 

まだまだ難解な表現がたっぷり

 

だったこと。普段使わないような表現が、依然多く使われていました。この文書を読んで、ワイン初心者が心の底から飲みたいと思うかは、疑問です。

 

わかり易い言葉で表現する難しさも、十分承知しています。だって、誰も今までしなかったんだから。でも、そこをワイノットにはして欲しかった。これから期待したいと思います。

 

また、2500円以下のワイン特集では、

 

編集部と限りなく読者目線に近い4名のテイスターが200本近いワインを試飲して、今飲むべき100本をご紹介します。(Dream Newsより

 

とあるものの、特別ユーザー視点から考えたとも思えませんでした。

 

ワインというと、

ソムリエなどの専門家と一般ユーザーとの情報格差が大きな商材

 

であるので、なかなかユーザー視点で解説するのは難しいと思います。ネットではなく、ましてや紙媒体となると、大きなチャレンジもやりにくい。でも、そこを、ワイノットにはして欲しいと思う私でした。

 

楽天ブックスでワイノットを探す

カテゴリー: 発見 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.