オーストラリアで一番高いワイン・レアード2005(Laird 2005)

Big Bottles

 

ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)の記事から。

WSJには、アジアの生活習慣を紹介するページがあり、その食にまつわるコーナーで、この記事を見つけました。

 

オーストラリアのとびきり高いワインが紹介されていたのですが、その価格がなんせ高い。

記事によると、700~800オーストラリアドル(AUS$)だから、日本円にして57000~65000円。

フランスの5大シャトーなどの高級ワインの場合、これぐらいの価格もわかるのですが、比較的リーズナブルなオーストラリアワインで6万円前後するのはかなり高い。

 

こんなに高くても売れるには、やはり理由があります。

その一番大きな理由は、やはりパーカーポイントで満点を記録するほどの高評価を獲得したから。

そして、バロッサヴァリー(Barossa Valley)で取れたぶどうだけを使用し、そのぶどうを手摘みするなど、原材料・栽培手法にもこだわりがあります。

また、そのぶどうの樹が100年以上の樹齢だから、価格が高くなるのも納得です。

さらに、400本だけの限定醸造で、すでに売り切れていたとのこと。

 

このワインの名前は、

The Laird 2005, Torbreck (レアード2005, トルブレック)

と言います。

トルブレックは、醸造家の名前で、レアードがワインの名前。

ぶどう品種は、オーストラリアだけあってシラーズ(シラー)です。

楽天で調べてみたところ、もちろん売り切れ。

ただ、トルブレックのワインはたくさんありました。

レアードは飲めませんが、トルブレックのシラーズは一度試してみたいですね。

カテゴリー: ニュース タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.