ニュージーランドワイン、ネルソン地区を忘れるな!

h_08_newzealand_500n

スコットランドのニュースサイトTHE SCOTSMANから。

ニュージーランドワインというと、マールボロ(Marlborough)地区のソーヴィニヨン・ブラン、オタゴ(Otago)地区のピノ・ノワール、ホークスベイ(Hawke’s Bay)地区のシャルドネが有名ですが、ネルソン(Nelson)地区を忘れてはいけないという。

ネルソン地区とは、南島の北西部。

湾岸や砂浜で有名だが、ここ20年でワイナリーが増えている。

日照時間がニュージランドで一番長く、また雨にも恵まれているので、ぶどうの栽培には適しているという。

この記事を書いたローズムラーブラウンさん(Rose Murray Brown)によると、特にオススメのシャトーは、サイフリード(Siefried)・ノイドルフ(Neudorf)・テマニア(Te Mania)という。

記事には、オススメの銘柄まで書いてあった。

  1. サイフリードアグネスレイトハーベストリースリング(Siefried Agnes Late Harvest Riesling) 14.99ポンド
  2. ノイドルフシャルドネ(Neudorf Chardonnay) 17ポンド
  3. サイフリードオールドコーチロードアンオークトシャルドネ2009(Siefried Old Coach Road Unoaked Chardonnay 2009) 9.25ポンド

現在1ポンド=約133円なので、1300円ほどで飲めることになる。

ちなみに、楽天で販売されていたのは、こちら。

  ノイドルフ ネルソン シャルドネ[2007]

ノイドルフ ネルソン シャルドネ[2007]
価格:3,528円(税込、送料別)

元記事はこちら

サイフリードのオフィシャルサイトはこちら(英語)

ノイドルフのオフィシャルサイトはこちら(英語)

テマニアのオフィシャルサイトはこちら(英語)

カテゴリー: ニュース タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.