阪神の大ワイン祭2012年5月で学んだ、二つピノ・ノワールとは?

阪神の大ワイン祭2012年5月

 

先週末まで行われていた阪神・大ワイン祭で、ピノ・ノワールのセミナーに参加しました。

セミナーと言っても、試飲販売イベントで行われた無料のもの。だから、至って素人相手のセミナーです。

ほとんど知っていることだったのですが、面白い分類がなされていたので、ここで紹介しておきたいと思います。その分類とは、

  1. 赤い果実系→軽い味わいのお肉料理・お魚料理に合う
  2. 黒い果実系→濃い目のお肉料理に合う。(照り焼きなど)

です。

 

1は、主にブルゴーニュのピノ・ノワール。

ピノ・ノワール特有の繊細さ・か細さがその特徴です。

一方2は、ニューワールドのピノ・ノワール。

もちろんカベルネ・ソーヴィニヨンよりも繊細なのですが、1の赤い果実系のピノ・ノワールよりも太さがあります。コクですね。

 

ブルゴーニュとニューワールドのピノ・ノワールの違いは、これまでなんとなくわかっていたのですが、こういう分類をすることは全く知りませんでしたし、思いもつきませんでした。

もちろん、ニューワールドと言っても多くの国があるのですが、2の黒い果実系は比較的温度の高い地域(チリなど)のようです。

 

ちなみに私が最近好んで飲むニューワールドのピノ・ノワールは、ニュージーランドオーストラリアです。特に理由はありません。

楽天市場でブルゴーニュのピノ・ノワールを探す
楽天市場でチリのピノ・ノワールを探す

 

カテゴリー: その他 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.