ブランドワインは信頼が置ける。

久しぶりの更新で恐縮です。

 

先週末に飲んだワインが、こちらのムートンカデルージュ。ただし、2009年。コストコでクーポンが出ていたので、買った赤ワインです。

 

安かったので、それなりかと思いきや、美味しかったですよ。コクがあるし、渋みがあるし。

 

ただ、考えてみれば、そりゃそうです。なんせ、ムートン・ロートシルトが作ったワインなんですから。しかし、セカンドはありません。作ったというよりも、監修という方が正確かもしれません。ロートシルトのブランドが付いたワインだけはあります。

 

改めて、ワインにもブランドってあるんだなぁ、と思いました。そして、今後1000円前後の低価格ワインでも、有名醸造家が監修したワインが出てくるのではないでしょうか。特に、スーパーなどの量販店ルートでは。対面で説明できない欠点をブランドで補う、という手法が増えるかもしれません。少しぐらい高くても、ブランドが付いていれば、安心して購入できます。特に、ワインの場合、銘柄が星の数ほどあり、さらに容量が多いのでハズレを買うと大変な目に合います。量販店で、ブランドワインが増えれば、ワインを安心して飲めるようになるのではないでしょうか。

カテゴリー: その他 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.