2010年産カリフォルニア・シャルドネは、冷やしすぎるな。

chardonay

 

ナパ・ヴァレーレジスター(Napa Valley Register)より、ワインを保管する時の温度についておもしろい記事がありました

 

この記事によると、

シャルドネを冷やしすぎると、甘くなる。

2010年産のシャルドネ(カリフォルニア)は酸味が強いので、涼しいぐらいの温度で保管しないとフルーティーさを味わえない。

という。

 

アメリカでのシャルドネ人気はすさまじく、アメリカで売れるワインの1/5はシャルドネというほど。

シャルドネというとドライなワインというイメージがありますが、実は甘く、それが人気の源泉とのことです。

そして、その甘さの原因は、保管温度にあるといいます。

後で紹介しますが、記事で取り上げられた銘柄を飲む時のおすすめ温度が16°C~18°Cなので、冷蔵庫で保管する冷やしすぎになるようです。(その結果、甘くなります。)

 

とは言っても、日本の夏の暑さを考えると、冷蔵庫に入れたくなりますねぇ。(実際、私は白ワインを必ず1本冷蔵庫で保管しています。)

今度、カリフォルニアのシャルドネを飲む時は、16°Cぐらいで保存して飲んでみたいと思います。

今冷蔵庫の中に眠っているのは、そのまま飲むとして。

 

最後に記事で紹介されているワインを書いておきます。

フロッグス・リープ ソーヴィニヨン・ブラン2010(2010 Frog’s Leap Sauvignon Blanc)

ナパ・ヴァレー産で23ドル(約1,840円)。

「シャルドネでないの?」というツッコミはしないでくださいね。(笑)

恐らく、毎週おすすめしているワインとして紹介されていると思うので。

ただ、保管温度にはついては言及されています。

「冷蔵庫の中で保管すると、このワインは消えてなくなる。」とまで書いていますから、保管する時はご注意を。(冷蔵庫で保管すると、酸味を味わえなくなるようです。)

そして、飲む前一時間以上前のワインを開け、16度~18度の状態で保てば、このワインを堪能できるようです。

引き締まった、さわやかなレモン風味がして、紅茶のような後味を楽しめるようです。
楽天市場でフロッグス・リープ ソーヴィニヨン・ブランを探す
楽天市場で2010年産カリフォルニア・シャルドネを探す

カテゴリー: ニュース タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.