アルゼンチン産のマルベックワイン、アメリカで人気上昇。

2009 Diseño Malbec

ニュージャージー州の地方紙クーリエポスト電子版(CourierPostOnline.com)によると、アメリカでアルゼンチン産マルベックワインが人気を博しているようです。

 

マルベックは、もともとはフランス南西部が原産地で、カオールボルドーのワインに使われています。

1800年代にアルゼンチンで栽培されるようになり、今ではマルベックを使ったワインのほんとどはアルゼンチン産に。

アルゼンチンでマルベックの栽培が増えたのは、気候の要因が大きいようです。

豊富な日光と、痩せた土壌、夜の低い気温が、マルベックの栽培に合致しているとのこと。

さらに、標高が高く、湿度が低いために、病虫害が少なく、ぶどうの有機栽培も容易なようです。

 

アメリカへのアルゼンチン産マルベックワインの輸出は、ここ5年でなんと約5倍に増加。(65万→300万ケース)

その大きな要因は、経済危機による節約志向で、価格の割に品質の高いアルゼンチン産マルベックワインが好まれています。

 

アルゼンチンのマルベックワインの産地は、メンドーサが有名で、アルゼンチン全体の60%を産出しています。

 

アルゼンチン メンドーサ州

ただ、メンドーサ地方は広いので、今後はこの中にある地区での差別化・マーケティングが必要になると、指摘されています。

 

記事の最後には、こちらのワインが紹介されていました。

  1. ドメーヌ ジャン・ブスケ マルベック 2009 (Domaine Jean Bousquet Malbec 2009):有機ぶどうを使用。 $12.99。(楽天市場で探す)
  2. ミッシェル トリノ ドン ダビ マルベック リゼルヴァ 2008 (Michel Torino Don David Reserve Malbec 2008):$14.99。(楽天市場で探す)
  3. フィンカ デセロ アグレロ マルベック 2007 (Finca Decero Agrelo Malbec 2007): $19.99

最後のワインは、日本では見つかりませんでした。

 

ちなみに、クーリエポストのこの記事は、ワインショップのオーナーにより書かれていることも、お忘れなく。(ポジショントークも少し入っていると思います。)

元記事はこちら。

楽天市場でアルゼンチン産のマルベックワインを探す

カテゴリー: ニュース タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.