南アフリカ、2011年のぶどう収穫量は微減。

Lynx Winery

ケープタウン(南アフリカ)のモバイルニュースサイト・ケープビジネスニュース(Cape Business News)によると、2011年の南アフリカのぶどう収穫量は、2010年比で0.3%減少するとのことです。

その要因で一番大きなものは、オレンジリバー地区(Orange River)の洪水のようで、洪水と大雨で台なしになった畑が多いようです。

また、成長したぶどうの房や大きさが小さかったり、水不足・病虫害の影響もあるとのこと。

ちなみに、2010年のワイン国内販売は2.7%増加した一方で、輸出は4.6%の減少。

価格の低い南アフリカワインは、日本のディカウントリカーショップで目立つだけに意外なように思えますが、スーパーであまり見ないことを考えると、売れていないのかもしれないですね。

考えて見れば、私も久しく飲んでません。(ただし、最近買いましたので、後日紹介したいと思います。)

元記事はこちら。

楽天市場で南アフリカワインを探す

カテゴリー: ニュース タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.