より美味しいチリワインは、カサブランカバレー(Casablanca Valley)とレイダ(Leyda)地方。

Viñedos de Lo Abarca

アメリカのサンノゼマーキュリーニュース(San Jose Mercury News)電子版より。

アメリカでも、チリワインは安いワインというイメージがあるようです。

そのほとんどが、セントラルバレーの赤ワイン。

セントラルバレーでは、肥沃な土地でぶどうを十分熟成させてワインを作るため、濃いワインが主流です。

一方で、チリでは涼しい地方でのワイン造りも増えてきました。ぶどうの収穫量は少ないものの、品質はセントラルバレーの赤ワインよりもずっと上らしい。

記事で紹介されていた冷涼地区は、カサブランカバレー(Casablanca Valley、サンチアゴの西)とレイダ(Leyda、サンアントニオバレーに海側)地方。

どちらも、1980年代から1990年代にぶどう栽培が始まったというから、つい最近ワイン造りが始まったことになります。

これらの地方で造られるワインのぶどう品種は、シャルドネソーヴィニヨン・ブランピノ・ノワールシラー

チリワインというと、「安旨」の赤というイメージが強いですが、カサブランカバレーやレイダ地方という地域を絞って、選ぶのも面白いものです。

ちなみに、記事で紹介されていたワインは、

  1. ヴァラモンテ ソーヴィニヨン・ブラン2010 (2010 Veramonte Sauvignon Blanc): カサブランカバレー。ピンクグレープフルーツやメロン・パッションフルーツの風味がありフルーティーであるが、それほど酸っぱくはない。記事では$12と表示。
  2. ヴァルディビエソ ソーヴィニヨンレセルバ2010 (2010 Valdivieso Sauvignon Blanc Reserva :レイダ地方。ピンクグレープフルーツとハーブの香りが特徴的。$20。
  3. キングストンファミリー トビアーノ ピノ・ノワール2008 (2008 Kingston Family “Tobiano” Pinot Noir ):カサブランカバレー。$20。
  4. アラザン ピノ・ノワール2007 (2007 “Alazan” Pinot Noir): カサブランカバレー。$30。
  5. キングストンファミリー ルチェロ シラー2008 (2008 Kingston Family “Lucero” Syrah): カサブランカバレー。燻製と香辛料の風味が特徴。$18。
  6. マテティック イーキュー シラー2008 (2008 Matetic “EQ” Syrah):レイダ地方。 燻製と焼いた肉に似た感じがする。$43。

ヴィンテージまで同じものはなかなか見つけられませんが、楽天市場では唯一こちらがありました。

元記事はこちら。

楽天市場でカサブランカバレーのワインを探す
楽天市場でレイダ地方のワインを探す

カテゴリー: ニュース タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.