シャンパン製法=瓶内二次発酵でいいの?

By e_calamar

 

たまたま楽天でお得なスパークリングワインセット。
こちらが、それです。

楽天市場で見つけた1本796円(送料込み)のスパークリングセット

ページをよく見ると、

有名高級シャンパンと全く同じ、本格シャンパン製法

というのが売りのようです。つまり、

 

値段は安いが、中身はシャンパンとほとんど同じ

 

ということになります。

 

そこで、シャンパンの定義について調べてみました。

【ウィキペディアより】

一般には、仏シャンパーニュ地方で生産されたブドウのみを使い、瓶内二次発酵を行った上で封緘後15ヶ月以上の熟成を経た、いわゆるシャンパン製法の発泡 ワインを指す。元となるワインは様々なレシピによりブレンドされる点や、二次発酵のために発泡のもととなるシロップを添加(ティラージュ)、また仕上げに リキュールとシロップの添加(ドサージュ)する点も特徴である。ほぼ同様の工程を経た発泡ワインに、スペインの「カヴァ」、イタリアの「スプマンテ」、ド イツの「ゼクト」等があるが、シャンパンはその選定基準の厳しさと熟成期間の長さにおいて突出している。

【基礎から学ぶ田辺由美ワインブック2010より】

醸造工程=白黒ぶどう→圧搾→第一次発酵→清澄(せいちょう)→ブレンド(アサンブラージュ)→瓶詰め(ティラージュ)→瓶内二次発酵→熟成→動瓶(瓶口を傾けて、澱を瓶口に集める)→補酒(蔗糖とシャンパーニュの原酒の混合液を加える)→コルク密栓→ラベル貼り

法定熟成期間=ミレジメ→ティラージュ後最低3年間、ノン・ミレジメ→ティラージュ後最低15ヶ月

 

これらをまとめると、

【シャンパン製法の条件】

  1. 瓶内二次発酵
  2. 瓶内熟成15ヶ月以上
  3. ブレンド

になります。

 

そこで、改めて先ほどの通販ページを見ると、

 

シャンパン製法=瓶内二次発酵しているスパークリングワイン

 

と謳っています。

ちなみに、このスパークリングワインセットの中で、熟成の有無・熟成期間について触れている銘柄は、二つだけでした。

 

また、この二つの銘柄の単品価格(同じ通販サイト内で))を見ると、

 

カバ ブリュット(カステル・ド・ラ・コマンダ)(スペイン・シャンパン製法) 898円

メトド・トラディシオナル ブルット(クエバス・サントヨ)(スペイン・シャンパン製法) 898円

 

なので、100円ほど高くなります。

 

フランスではなくスペイン産というのもありますが、それにしても1000円以下で本当の意味でのシャンパン製法のスパークリングワインが飲めるなんて、安いですよね。ハズレを引きたくないので、私なら、本当のシャンパン製法で作ったスパークリングワインを買うかな。

 

楽天市場で本物のシャンパンを探す

カテゴリー: ニュース タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.